bingo!CMSハンズオンセミナー開催しました

in DIAGONAL RUN TOKYO

bingo!CMSをより多くの人に知ってもらうため、
bingo!CMSハンズオンセミナーを開催しました。
セミナーは計3時間のがっつりコースでしたが、
休憩をはさみながら頑張りました。
前半はbingo!CMSの仕組みや機能について理解を深め、
後半は実際にbingo!CMSでランディングページの制作体験を
してもらいました。

ランディングページ制作体験では
グリッドデザインやリンクボタン配置、さらにはスマホ調整などなど…
結構深い内容でしたが
最後には「おぉ、ほんとにできた〜!」と達成感のある一言をいただきました!

制作体験していただいたサイトのデザインが右です。
(実際に参加者の方が制作したものです。)

以下、セミナーの内容を一部ご紹介します。
今回は「bingo!CMSの仕組み」についてです。

bingo!CMSの仕組み

bingo!CMSの仕組みについて簡単にご紹介

bingo!CMSはスキン、コンテナ、ユニットの3層で構成されています。
コーディングの時間を短縮することで、
デザインやお客様とのコミュニケーションなどの時間を大切にした仕組みになっています。

  1. スキン
    スキンがいわゆるページのデザインテンプレートです。
    デザイナーが制作した「機能・デザイン」の両面が最適化されたテンプレートを
    選んでいただけます。
    web制作者さまの場合「スキンは自分で作れないの…?」というご質問をいただく
    ことがあります。
    もちろんご自分でも制作「できます」!!
     
  2. コンテナ
    bingo!CMSはページのデザインが自由にできます。
    ページ内のレイアウトは「コンテナ」を用いて、大きな枠組みを設定します。
    コンテナは「ドラッグ&ドロップ」で簡単に配置、移動、削除ができます。
     
  3. ユニット
    枠組みが決まれば最後はユニットを配置します。
    ユニットはページをデザインする上での最小の単位になります。
    豊富なユニットをカラムに配置すれば、あっという間にデザインが完成!
    コンテナと同様、テキスト、画像、動画も地図も…なんでも「ドラッグ&ドロップ」で簡単に配置、移動、削除ができます。

セミナーでの一コマ

スキン制作は自分でもできることを説明中
いよいよ制作開始です!
困ったときは助け合いながら

ページトップ