bingo!CMSライセンス認証について

ionCubeを利用したセキュリティ向上とライセンス認証について

bingo!CMSでは、「ionCube PHP Encoder」 を使い、PHPのソースコードの暗号化を行なっております。

PHPのソースコードを暗号化するだけではなく、コンパイルも同時に行うことで、実行速度(パフォーマンス)の向上とセキュリティの向上を図っております。
さらに、ライセンスの管理を行うことでお客様へのサポート内容の充実を図ってまいります。

ionCube PHP Encoderについて

ionCubeによる暗号化について

bingo!CMS v1.6は、ionCubeによるソースコードの暗号化を行っております。 そのため当製品をインストールするサーバーに「ionCube Loader」をインストールする必要があります。 ホスティングサービス(レンタルサーバ)をご利用の方は、bingo!CMS動作検証済み推奨サーバーページで各ホスティングサービスのインストール手順書を公開しております。併せてご参照ください。

ionCubeによるライセンス認証によるプログラム動作制限

bingo!CMSは2種類のライセンス認証によってプログラムの動作が制限されています。

(1)ドメイン指定による認証
(2)動作期限による認証

どちらも、条件から外れるとプログラムが動作しなくなります。その場合、新たなライセンスを取得することで、それまで制作したサイトのデータは全て利用可能になります。

(1)ドメイン指定による認証
サイトの公開時に公開されるサイトのドメインをライセンス認証ファイルに設定することで、同一ドメインであればサーバーに関係なく動作します。
※サーバー移転の際にOSが変更になった場合は、ライセンス認証ファイルの再発行が必要になる場合があります。

(2)動作期限による認証
動作期限によるライセンスは、プログラムを評価するための試用目的、あるいはドメインが決まらない状況下でサイトの構築を始めなければならない状況においてご利用いただく為のライセンスです。期限が過ぎるとプログラムが動作しなくなりますが、新たな期限を設定したライセンス認証ファイルに交換するだけで、今まで通りの制作作業を行う事が出来ます。

bingo!CMSのご提供について

bingo!CMS製品パッケージには、下記2種類のライセンスファイルが同梱されています。
ライセンスを有効にするためには、どちらかを「license.txt」にリネームし、サーバーへアップロードします。
  1. 期限限定ライセンスファイル(license1.txt)
    ローカル環境や、お申込み時のドメインと異なる環境で構築される場合に用います。2ヶ月間限定のライセンスです。
  2. ドメイン限定ライセンスファイル(license2.txt )
    お申込み時のドメインで構築される場合に用います。

※ドメイン限定ライセンス(license2.txt)は、購入時にドメインを申請された方にのみ同梱されています。購入時にドメインが確定していない、または申請していない場合は、期間限定ライセンス(license1.txt)を「license.txt」にリネームし、アップロードしてください。ドメインが決まり次第、こちらの専用フォームより、ドメインをご連絡いただくことでドメイン限定ライセンス(license2.txt)を発行いたします。発行された「license2.txt」を、「license.txt」にリネームし、現状の「license.txt(元license1.txt)」に上書きすることで、今まで制作したサイトのデータはそのまま、ドメイン限定ライセンスが有効となります。

ionCube Loaderのインストール

ionCube Loaderのインストールにつきましては、詳しくは下記ページをご覧ください。

ローダーのインストール方法・アシアル株式会社

Linux以外の場合、下記ページよりご使用のサーバーのOSに対応した「ionCube Loader」をダウンロードし、インストールを行ってください。